「税理士に相談できること」と「相談するための手段」

顧問税理士に何が相談できるのかってよく分かりませんよね?

「これは顧問税理士に相談して良いものだろうか?」なんて考えることよくあると思います。

税理士なので、税金の相談をするということはもちろん分かるけど、経営をしていると税金の相談だけでなく、他に色んなことが起きます。

税金以外のことを、顧問税理士に相談して迷惑にならないだろうかということも考えてしまいますよね。

そこで今回は、税理士に相談できることや、税理士に相談するための連絡手段についてまとめました。

豊島区の若手税理士として、スモールビジネス経営者の方を中心に、お客様のご相談に対応している私自身の考えをまとめていますので、リアルで有益な記事になると思います!

スポンサーリンク
目次

何かあったらまずは税理士に相談してみる

経営をしていると、取引先とのトラブルなど、あらゆる問題が生じます。

役所から訳のわからない書類もたくさん届きます。

そんなときですが、とりあえずまずは税理士に相談してみることをお勧めします。

なぜかと言いますと、その方が、正しい方向に進めることが多いからです。

いやいや、取引先とトラブルがあったことを税理士に相談しても、税理士に迷惑がかかっちゃうでしょ?

そんなことはありません!!

なぜますは税理士に相談してみた方が良いかということを、具体的に説明しますね。

私のお客様でも、取引先とのトラブルに遭遇して、ご自身で弁護士を探して、私が知らない間に相談を進めているということがあります。

それ自体は、決して悪いことではありませんが、私にご相談いただければ、すぐに良い弁護士の先生をご紹介できるのになと思ったりします。

ご自身で探したりしていると、時間のない社長の時間を無駄に使ってしまうことになります。

弁護士のレスが遅くて、なかなか事が進まないといったこともよく聞きます。

取引先とのトラブルでストレスが溜まっているのに、弁護士の対応も遅いとさらにストレスが溜まってしまいますよね…

信頼している弁護士を見つけるには、信頼している税理士から紹介を受けるのが一番早かったりします。

役所から訳のわからない書類が届いたときも、とにかくまずは税理士にどのようにすれば良いか聞いた方が良いです。

書類を溜めてしまうと、後で処理するのが大変になってしまいますし、提出期限があるものだったりすると、提出期限が切れてしまい、下手をすると無駄なお金を払わなくてはいけなくなったりするかもしれません。

今は、スマホで書類を撮影して、その画像をチャットで送って、どのように処理すれば良いか聞くことができます。

税理士側もチャットであれば、負担なく回答することができますし、即レスで返事がくるかと思います。

要するに、税理士は、経営をするうえで、何かお困り事があったときに方向性を示してくれるシェルパのような存在なのではないかと思います。

売上や利益のアップには直接繋がらないお困りごとについては、速やかに顧問税理士に相談すべきと私は考えます。

そうすることで社長は、本業に集中することができ、結果的に売上や利益アップに繋げることができるでしょう。

電話で税理士に相談するのはハードルが高い

電話で税理士に相談するのは、気を使いますし、ハードルが高いと感じる方が多いのではないでしょうか?

  • 移動中かもしれない
  • 打ち合わせ中かもしれない
  • 何か重要な作業をしているかもしれない

など、たしかに色んな状況が考えられます。

逆に、私がお客様に電話をかけるにしても、上記のような心配をしてしまうので、あまり電話をかけたいとは思いません。

また、電話に着信履歴が残っていて、掛け直したら、今度は相手が出れないなんてこともあります。

そんなこんなで、なかなかお互いに電話が繋がらないというのはストレスになりますよね。

それと電話には、こんなデメリットもあります。

  • 言い間違いが起こる
  • 聞き間違いが起こる
  • 論点がずれてくる(後ほど、「チャットが推せる理由」のところで説明しますね。)
  • 感情的な回答をしてしまいやすい

言い間違いや、聞き間違いは、税理士がバタバタしている状態で電話に出たときに起こり得ます。

かなり極端な例ですが、ありえない具体例を用いて説明します。

お客様「先生、架空の経費を計上しても大丈夫ですか!?」

バタバタしている税理士「カクウ?カグ?(オフィスの家具を経費で計上しても大丈夫かってことかな?)…大丈夫ですよ!」

お客様「大丈夫ってことですね!わかりました!」

実際に、こんなことが起こったら大変ですし、ここまでのことはさすがにないと思いますが、電話での言い間違い、聞き間違いはこういったことが起こるリスクが潜んでいるということです。

一番良いのは、電話で話した後に、話した内容を文章でお客様と共有することですが、バタバタしていると、そのことも失念してしまう可能性が考えられます。

「あのとき、先生が良いって言ったじゃないか!!」

「いや、あればそういう意味ではなくて…」

私は、こんな状況に遭遇したことが何度もあります。

とにかく電話でのやり取りは、言った言わないになりがちです。

こういったことを考えると、少なくとも、一次的な相談で電話は避けた方が良いのかなと考えます。

チャットが推せる理由

私はチャットでのお客様とのやり取りをお勧めしています。

そのため、実務でも、チャットでのやり取りが基本になります。

電話はあえて拒否しているわけではありませんが、ほとんどすることがありません。

(役所関係はどうしても電話になってしまいます。これはどうにかしてほしいなと思っています。)

現状、チャットでのやり取りでお客様側も不自由はないと感じています。

チャットの最大のメリットは、やり取りの履歴が残ることだと思います。

言った言わないの防止ということもそうですが、日頃、様々なお客様のご相談に対応しています。

そんな中で、誰にどんな話をしたかというのがわからなくなってしまいます。

そこをチャットで振り返ることで、記憶を蘇らせることができます。

これは、お客様にとっても不安なく税理士に相談できるところかと思います。

お客様が相談して回答したもらった内容を顧問税理士が忘れていたら、不安になりますよね…

お客様「こないだの〇〇の件ですが…」

税理士「すみません、何の件でしたっけ?」

お客様(この税理士は、自分のことをちゃんと見てくれているのだろうか…)

もう一つ大きなメリットとして、チャットでやり取りをすることで、論点が明確になるということがあります。

電話で話をしていると、どんどん話が脱線していき、「結局何の話しをしてましたっけ?」なんて経験ありませんでしょうか?

チャットでやりとりをしていて、話が脱線していくということは、ほとんどないかと思いますので、ご相談したことに対して明確な回答を得ることができます。

ただ、テキストでは伝えきれないことも、もちろんお互いにあります。

そういった場合は、電話やZoomを使うようにしています。

まとめ

今回は、税理士に「相談できること」と「相談するための手段」についてまとめました。

税理士は、経営をしていく上でのお困りごとに答えてくれるシェルパのような存在です。

ご自身で悩んだり調べたりして、無駄な時間を使ってしまったり、誤った方向に進まないように、真っ先に税理士にご相談されることをお勧めします。

また、何かあったときに即レスで柔軟な対応をしてくれる税理士を選ぶということも重要です。

今の時代は、チャットやオンラインミーティングツールなどでデジタルコミュニケーションが取りやすい時代となりました。

当事務所も、積極的にチャット(LINE、チャットワーク、Slack)、Zoomを使うことでコミュニケーションが取りやすい環境を整えています。

また、これらのオンラインツールを駆使することで、リーズナブルな顧問料でも代表税理士がお客様を直接担当するということが実現できています。

代表税理士にサクッと相談できる税理士事務所が良いと思われた方は、ぜひ当事務所の初回無料面談にお問合せいただければと思います!

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ebitaxのアバター ebitax 代表税理士

1987年生まれ。千葉県千葉市出身。海老名オンライン税理士事務所・代表税理士。東京税理士会豊島支部所属(税理士登録番号142906)ひとり社長専門の税理士として、オンラインツールを駆使して、リーズナブルな顧問料でも代表税理士がお客様の担当になる。

コメント

コメントする

目次